当サイトでは、相続手続きに必要な戸籍謄本類の取得と、銀行預金の相続手続きの代行を全国対応で行っておりますので、ぜひご利用下さい。
2024/2/1更新
自宅に居ながら相続手続きに必要な戸籍謄本類の取得と、銀行預金の相続手続きがらくらく完了します!
『 全国対応!相続手続きに必要な戸籍謄本類の取得 と 銀行預金の相続手続きのまるごと代行 』

相続手続きに必要な戸籍の範囲や、取得すべき戸籍が具体的によくわからなくて・・

相続に必要な戸籍謄本類を取得したり、相続手続き書類を自分で作成するのも・・

平日しか開いていない役所や銀行に、何度も出向くのも大変・・

相続人は、今把握している人だけで、他にいないと思うけど・・

相続に必要な戸籍謄本類の取得と、銀行預金の相続手続きを手間なく簡単に済ませる方法はないかなぁ・・

とお悩みのあなた、

銀行預金の相続手続きでは、相続に必要な戸籍謄本類をそろえた上で、
銀行所定の書面の作成やその他の必要なものを用意して、手続き先の銀行で書類審査を受ける必要があります。

ただ、相続に必要な戸籍謄本類の内、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本類には、
戸籍謄本だけでなく、改製原戸籍(かいせいはらこせき)や除籍謄本(じょせきとうほん)がいくつもあります。

それらの戸籍謄本類を抜かりなく一般の方が取得して、戸籍内容を解読し、相続手続き書類も作成する作業は、
大変な手間と時間がかかる上に、相続の知識も必要な作業となっています。

そこで、当サイトでは、国家資格者で相続専門の行政書士が、
相続手続きに必要な戸籍謄本類の取得作業と、銀行預金の相続手続き作業をまるごと代行致します。

当サイトの『全国対応!相続手続きに必要な戸籍謄本類の取得 と 銀行預金の相続手続きのまるごと代行』は、
次のすべての銀行に対応しています。

ゆうちょ銀行

JAバンク(農協)

三菱UFJ銀行

みずほ銀行

三井住友銀行

りそな銀行

全国のすべての地方銀行

全国のすべての信用金庫

もし、あなたが、相続手続きに必要な戸籍謄本類の取得作業や、銀行での相続手続き作業をしなくてよくなれば、
ざっと挙げただけでも、次の莫大な手間と作業時間をあなたはすべて省略することができます。

相続手続きに必要な戸籍謄本や、改製原戸籍、除籍謄本とは何かを調べる手間と時間。

戸籍謄本類の取得用紙の書き方を調べたり、各戸籍の取得書類を実際に作成する手間と時間。(数回分)

亡くなった方の出生から死亡までの各戸籍の本籍地と筆頭者を調べる手間と時間。(数回分)

手書きの戸籍を含む戸籍謄本類の内容を、正確に読み取る手間と時間。(数回分)

亡くなった方の除籍謄本や改製原戸籍が、本当にすべてそろっているか確認する手間と時間。

亡くなった方の古い除籍謄本や改製原戸籍が役所で廃棄されていた場合、適切に対応する手間と時間。

銀行の相続手続きに必要な書類が何かを調べて、抜かりなくすべて用意する手間と時間。

銀行の書類審査に通るため、決められた形式で正確な相続手続き書面を作成する手間と時間。

相続手続きに必要な書類を銀行の窓口に提出して、審査を受ける手間と時間。

もし、必要な書類(戸籍含む)に不備不足があれば、それに対応する手間と時間。

『 全国対応!相続手続きに必要な戸籍謄本類の取得 と 銀行預金の相続手続きのまるごと代行 』を活用する事で、
  あなたは、上記の莫大な手間と作業時間をすべて省略することができます。

なぜなら、代行完了後に、あなたにお届けするのは、下記 の5つの書類になるからです。

1.亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本類(除籍謄本・改製原戸籍含む)
※もし、古い戸籍が役所で廃棄されていた場合でも、当所で適切な対応が可能なので安心です!

(亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本類の例)

2.相続人全員の戸籍謄本類
あなたは、手間も時間もかけることなく、相続人全員の戸籍謄本類を入手できます

(相続人が3名の場合の戸籍謄本類の例)

3.相続人一覧表
※あなたは、戸籍謄本類の内容を解読することなく、相続人の調査確定も完了できます!

4.相続関係説明図
※あなたは、手間も時間もかける事なく、銀行預金の相続手続きに必要な相続関係説明図の作成も完了できます!

(相続関係説明図の例)

5.銀行から送付されてくる銀行預金の相続手続き完了書類
※あなたは、相続手続き書面の作成などに手間も時間もかけることなく、銀行預金の相続を完了できます!

以上5つの書類を、ファイルに綴じてあなたのご住所宛てにお届け致します。

あなたは、この代行を活用することで、
基本的に、送りする委任状などの書面にご署名・押印等していただくだけになります。

ただ、あなたが今回手にするのは、これだけではありません。
確実に相続手続きを済ませて頂くため、さらに価値あるサービスを手にしていただきたい。
その思いから、特別なボーナス特典をご用意しました。

ボーナス特典:メール無料相談サービス
(このサービスによって、相続に関する疑問も一発解決!)

単なる代行ではなく、あなたの相続に関する悩みや疑問もすべて解決して頂く。

そのために、代行に申し込んだあなたには、相続に関する疑問や悩みなどを、
いつでもメールにて無料相談できるサービスをお付け致します。

通常の相談料金はわずか1時間でも5000円程度かかります。

しかし、今回この代行をお申し込みされるあなたには、そのサービスも無料開放致します。
この無料相談サービスによって、もう、一人でいろいろ調べたり、悩む必要はありません。

最後にこの代行の料金です。

これだけの内容とサービスを備えた代行に、あなたなら、いったいいくらの価値があると思いますか?

8万円? それとも6万円?

たしかに通常業務では、 63,000円~+ 立替金で行っておりますが、
今回、あなたには、インターネット限定お申込み特別価格で代行させていただきます。

上記内容をすべて含めた代行料金と致しましては、

基本料金 49,800円(税込)
確定された相続人の数×2,500円
+ 実費(戸籍代・郵送代)
とさせていただきますので、ぜひご利用下さい。

注意事項:銀行ごとに手続き書類の作成が必要な関係上、
相続手続き先の銀行が2銀行以上の場合は、1銀行につき2万~3万の追加料金が必要となります。
なお、遺産分割協議書作成等は、銀行預金の相続手続きに必須ではない為、上記料金には含まれておりません。

実費というのは、戸籍謄本類の取得のための役所(役場)に支払う戸籍代や、
郵送代として実際にかかった費用のことで、
通常、平均約5,000円~1万円前後で済む場合がほとんどです。
相続人の数と転籍の数によって多少変わります。

よくある3つのご質問

ご質問1、全国どこに住んでいても代行を依頼することができますか?

お答え、どこの県にお住まいの方でも大丈夫です。

関東や関西にお住まいの方からのご依頼が多いですが、
北海道や東北地方、中部地方、中国・四国地方、九州にお住まいの方からのご依頼も、
過去に何度も代行完了致しておりますのでご安心いただければと思います。


ご質問2、手元にすでに取得した戸籍謄本類が少しありますが・・

お答え、代行お申し込み時に、その旨お知らせいただければ、
残りの必要な戸籍謄本類を取得してから、銀行での相続手続きを進めるように致します。


ご質問3、代行料金の支払い方法はどうなりますか?

お答え、銀行預金の相続手続き完了後に、銀行振込みで一括後払いとなります。


代行お申込み後の流れ(1~4

.代行お申込み後、約30分以内に受付メールをあなたのメールアドレス宛てにお送りします。

ただし、深夜午後11時~午前8時のお申込みは、午前8時頃に確認致しますので、
その後、約30分以内に送信致します。

.あなたのご住所宛てに、委任状及び身分証のコピー1点のご案内を郵送で発送致します。
返送用封筒も同封しておりますので、ご返送ください。

.代行完了後に、下記 の5つの書類をファイルに綴じてあなたのご住所宛てに発送致します。

亡くなった方の出生から死亡までの連続した戸籍謄本類(除籍謄本・改製原戸籍含む)

相続人全員の戸籍謄本類

相続人一覧表

相続関係説明図

銀行から送付されてくる銀行預金の相続手続き完了書類

.亡くなった方の預貯金が、銀行からあなたの銀行口座に入金された事をご確認後にお支払いとなります。

以上が、代行完了までの流れです。

※お申込み前の注意事項・・・お申込みは、原則、相続人の方や、相続人の配偶者 または お子様 もしくは 甥姪の方(本人確認について相続人の方のご協力は必要です)などからお受けできます。なお、相続人の方でしたら、相続人の内のお1人の方から依頼できます。また、お申込み後に、委任状及び身分証のコピー1点(運転免許証又は健康保険証のコピー)の郵送提出によるご本人確認を行いますことご了承下さい。

あなたは、基本的に、お送りする委任状などの書面にご署名・押印等していただくだけでOK!
『全国対応!相続手続きに必要な戸籍謄本類の取得 と 銀行預金の相続手続きのまるごと代行』

相続手続きに必要な戸籍謄本類の取得 と 銀行預金の相続手続きのまるごと代行の
お申込みはこちらから

(一括後払いでご提供、だから安心して依頼できます。)