Author: 行政書士 寺岡孝幸

法定相続情報一覧図の作成者の記載方法と例

法定相続情報一覧図の作成者として記載するのは、通常、相続人の1人である申出人、または、代理人となります。 申出人が法定相続情報一覧図を作成した場合は、作成者として、申出人の住所と氏名を記載します。 代理人が法定相続情報一 […]
法定相続情報一覧図の提出先ごとの有効期限

法定相続情報一覧図の提出先ごとの有効期限 

「法定相続情報一覧図の写し」には、有効期限や使用期限の記載はありません。 しかし、相続手続き先や提出先の方で、「法定相続情報一覧図の写し」の有効期限を、具体的に定めている場合があります。 たとえば、発行日から3ヶ月以内の […]

法定相続情報一覧図の写しの再交付の方法

法定相続情報証明制度で、再交付してもらうことができるのは、「法定相続情報一覧図の写し」のみです。 法定相続情報証明制度を利用した場合、最初の申出で、「法定相続情報一覧図の写し」を、必要な通数分だけ法務局から交付してもらえ […]

法定相続情報一覧図の写しとは?

「法定相続情報一覧図の写し」とは、具体的には、次のような書面のことです。 書面の下部分には、法定相続情報一覧図の写しである旨と、発行年月日、発行した法務局の名称、法務局の印が押されています。 逆に、法務局の印などが押され […]
数次相続とは?父の遺産を未分割のままで母も死亡

数次相続とは?父の遺産未分割のまま母も死亡

数次相続(すうじそうぞく)とは、被相続人(亡くなった方)の相続手続きを済ませる前に、その相続人が死亡した相続のことです。 数次(すうじ)には、数回という意味があり、数次相続は、2つ以上の相続が重なりあうことを指します。 […]
法定相続情報一覧図に住所の記載は?

法定相続情報一覧図に住所の記載は?

被相続人(亡くなった方)の住所は、法定相続情報一覧図に必ず記載しなければなりません。 ただ、相続人の住所は、法定相続情報一覧図に記載しても良いですし、記載しなくてもかまいません。 つまり、被相続人の住所の記載は必須ですが […]
法定相続情報一覧図は数次相続ならどうなる?

法定相続情報一覧図は数次相続ならどうなる?

このページでは、数次相続にテーマを絞り、法定相続情報一覧図は数次相続ならどうなるのか、についてお話し致します。 具体的には、次の4つの内容について、相続専門の行政書士が解説致します。 被相続人が2人以上の数次相続の場合、 […]
法定相続情報一覧図の作成方法・手書きOK?

法定相続情報一覧図の作成方法・手書きOK?

「法定相続情報一覧図はどんな用紙でどのように作成する?」「法定相続情報一覧図は手書きでOK?」「法定相続情報一覧図には何を記載すれば良い?」「法定相続情報一覧図の具体的な作成方法は?」 これらは全て、法定相続情報一覧図を […]

法定相続情報一覧図の見本【法定相続人ごと】

法定相続情報一覧図は、被相続人(亡くなった方)と、その法定相続人が誰になるのかによって、それぞれ形(様式)に違いがあります。 具体的には、法定相続人が配偶者(夫又は妻)と子供の場合や、法定相続人が両親の場合、兄弟姉妹の場 […]